雅日ノート

ちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

浜辺にて

f:id:miyaBI:20210610111034j:plain

夕暮れの浜辺。
南の島の男たちが、輪になってボールを蹴っている。

 

青いTシャツのロゴは、よく見るとAdidasではなくAdodas。
裸足の人もいる。

 

サンダルを脱いで近づいていくと、さらさらした砂が、
ときおり意外な力で、ぎゅっとかかとを押しかえしてくる。

 

男たちの声。
なにやらはしゃいでいる。
みんなで、蹴る回数でもかぞている?

 

腹を抱えてわらっている男もいたりして、
もしかしたら、蹴る+しりとりみたいなルールなのか。
いや、+だじゃれなのか。

 

輪からそれたボールが、こちらに転がってくる。

 

追いかけてきた男に、なにをしているのかとたずねると、
ogiriという答えが返ってきた。

 

大喜利。

 

まさかの。