雅日ノート

ちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

たこ焼き

 

f:id:miyaBI:20210709112409j:plain

 

土手の一本道に
見慣れない屋台がでている

 

小麦粉のふんわり焼けたにおいに
おもわず近づいていくと

 

ずらっと並んだたこ焼きを
手際よくパックにつめる店主…えっ、カエル!?
しかも、立っている

 

きゅっとしめたねじり鉢巻きと
前掛けのこなれ感

 

うちのぬるっとソースはちぃとうまいよ

 

甲高い声が、背後から聞こえてきたような
不思議な浮遊感を覚えながら、おそるおそる「ぬるっと」をオーダーする

 

パックをきっちり押さえた4本指の吸盤が
どんどん近づいてきて、一瞬で消えた鮮烈すぎる残像

 

 

手渡されたたこ焼きの割りばしの袋には
たこ焼きエキスパートの店ケロケロと書かれてある