雅日ノート

ちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

家政婦は見たポーズ

f:id:miyaBI:20210630111052j:plain


中央に楽器を演奏する女性がひとり。

 

右下には、卓で茶を楽しんでいるふうの男性がふたりである。
こちらに背を向けて座る男性は演奏する女性をみつめ、
もう片方は演奏に聞き入っている。
指をからめ、首を傾け、斜めに視線を落とすその表情は、確かに音楽の旅路にある。

 

左下には、演奏を終えたばかりらしい女性が楽器片手に、
茶を運ぶ給仕に声をかけている。わたしにもお茶をくださいと。

 

問題は、左上にいる女性である。
大きな屏風の影から半身みせてこの場を覗きこむ、その理由はなんなのか。

 


箱入り娘のわたくしも、父上の反対を押し切ってあの楽器を習いたい?

 

音楽の旅路途上とおぼしき卓の男性に、実は妖術をかけている?

 

単純に、次の自分の演奏のため控えている?

 

 


どうしても、この「家政婦は見た」ポーズが気になってしかたない。
なにかがにおう…きなくさいのだ。

 


来週、この女性にインタビューのアポが取れた。

 

 


真相を解明する。