雅日ノート

ちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

夏の鑑賞会

f:id:miyaBI:20210806112439j:plain

 

うだるような暑さのなか、日ごと通う美術展がある
 

お気に入りの一枚があって
水色の背景が淡くにじみ、次第に濃い青に変わっていくさまが
じつに見事なのである

 

たなびく雲のあるところは
薄いピンクから暗い赤へと繊細なグラデーションを描き
またあるところは、オレンジが金色に輝いている

 

時を忘れて、360度見渡せる大きな部屋のその絵に見入っていると


ときおりひんやりした風がふいてきたり
家路にむかう鳥の鳴く声が遠くに聞こえたり
ぷーんと魚を焼くにおいがすることがある

 

 


あいにくなことに『夏の夕暮れ』という鑑賞会は

 

 

終了の時刻が日に日に早まっている