雅日ノート

ちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

地下鉄

f:id:miyaBI:20210616114128j:plain

 

地下鉄の冷房は、効きがいい。
二駅すぎて、ようやく汗が落ちついてきた。

 

到着を告げるアナウンスで、はっと我に返る。
あわてて見た表示は…降りる1つ手前の駅名。ぎりセーフだ。

 

浮かしかけた腰をおろす。

 

ふと、ひときわ長身の男が、目に飛びこんできた。
ブロンドの襟足からつづく涼しげなうなじ、そして金色のうぶげ。

 

降りていくその後ろ姿を、
なんの気なしに見やっていると、
紺色のTシャツのバックデザインに目がいった。

 

THANK YOU is the goal.
Stockholm Marathon 2016

 


ありがとうが、ゴール。