雅日ノート

ちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

元服茶

f:id:miyaBI:20210914115115j:plain

 

白い器に
ゆっくり
濃い緑がそそがれていく

 

鼻さきに感じる
清く爽やかな緑茶の香気が
一息ごとに、しずかに胸を満たす

 

ひと口ふくむと

 

やわらかな甘さに
遅れることしばし、しなやかな苦みが追いかけてきた

 

これが、元服茶の追い苦みなのか…

 

白い湯呑のなめらかな温もりが
いつか冷えてしまう前に、ここを旅立とう

 

 

おとなになる

 

 


道は、どこまでもひろがっている

 

 

可能性は果てしない

 

 

 

夢を生きよう

 

 

 

 

今週のお題