雅日ノート

ほぼ一日一笑…のちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

「もう一度人生をやり直せるなら」の手紙

f:id:miyaBI:20220208103624j:plain

「もう一度人生をやり直せるなら」 ナディーン・ステアさん(85歳)

 

人生をもう一度やり直すとしたら、今度はもっとたくさん失敗したい。
そして肩の力を抜いて生きる。
もっと柔軟になる。今度の旅よりももっとおかしなことをたくさんする。
あまり深刻にならない。もっとリスクを冒す。
もっと山に登ってもっと川で泳ぐ。
アイスクリームを食べる量は増やし、豆類の摂取量は減らす。
問題は増えるかもしれないが、想像上の問題は減るだろう。
というのも、私は毎日常に良識ある人生をまともに生きてきた人間だからだ。
もちろん、バカげたことも少しはやった。
もし生まれ変わることがあったら、バカげたことをもっとたくさんやりたい。何年も先のことを考えて生きる代わりに、その瞬間だけに生きたい。
私はどこに行くにもいつも万全の準備を整えて出かけるのが常だった。
体温計や湯たんぽ、レインコートやパラシュートなしにどこにも行かなかったものだ。
人生をやり直すとしたら、もっと身軽な旅行をしたい。
もう一度生き直すとしたら、春はもっと早くから裸足で歩き出し、秋にはもっと遅くまで裸足でいる。
もっとたくさんダンスに出かける。もっとたくさんメリーゴールドに乗る。
もっとたくさんデイジーを摘む。
それぞれの瞬間をもっとイキイキと生きる。

出典「人生をやり直せるならわたしはもっと失敗をしてもっと馬鹿げたことをしよう」ラム・ダス ヒューイ陽子訳

 

 

 

ぼくは、ここにすべてが書かれていると思った

 

f:id:miyaBI:20210819154820p:plain