雅日ノート

ちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

今宵

f:id:miyaBI:20210531112841j:plain

 

白、薄紫、濃い紫、赤紫に涼しげな浅縹の色に州浜の文様。

白と紅のグラデーションが美しい梅かさね。

白、薄紫、薄緑、緑に白は、新緑の輝きがまぶしい。

 

桜が散り、雨上がりの夕暮れに耳を澄ますと、

土のなかで何かがしずかに目を覚ます気配。

湿って柔らかく、温かい土のなかで秘かに生まれたばかりのいのち。

土のほんの一粒の隙間に満ちていく。

青き葉をすすーっとしたたった一滴は、

きらきらと光り、やがて土の一粒と出会う。

 

月を見上げる。今宵は満月。

 

すぐれてなまめかしう、 得も言われぬよき香りが近づいてくる。

 

ゆっくりと目を閉じる。

白、朱の桜かさね、濃き紫の指貫袴がまぶたの奥でみるみる大きくなる。

いよよ、と高鳴る鼓動にそっと手を置いた。

双葉よりも芳し。なつかしき香りを胸いっぱいに吸いこんだ。

 

忘るまじ。