雅日ノート

ほぼ一日一笑…のちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

秘湯の宿で

 

パサッ
カサカサカサ

 

パサパサ
シャシャー

 

電気を消した途端
妙な音が聞こえだした

 

不規則なカサカサ音
なにかが動いている

 

この部屋になにかが、いる

 

山奥の秘湯旅館
布団のなかでボクはじっと耳を澄ます

 

眠れるわけない
なに?なんの音?

 

からだが固まって
電気のスイッチまでもたどりつけない

 

ムリ
こういうの絶対ムリ

 

ひとまずここは深呼吸でしょうと
ゆっくり息を吐いてみる

 

と、あるイメージが浮かんできた
地味なチョウチョみたいな虫

 

あ~、窓を開けたとき入ってきて
そういや、壁にひっついてたやつか

 

と気づいた瞬間、すとんと落ちました
深い眠りの谷に