雅日ノート

ちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

なみだ酔い

f:id:miyaBI:20210614222801j:plain

眼の奥がほどけて、後頭部がじーんとしている。
顔の筋肉のゆるみっぷりが、なんともいい気持ち。

 

きょうは、むりに口角を上げることも、
目を大きくみせようとむだに見開くがんばりも、
ぜんぜんなし。

 

ただ川の流れを見ている。

 

いつもの通勤電車の終点まできた。
はじめて降りる駅のコンビニで、
レモンチューハイ、チーズ、ポテトチップスを買う。

 

カロリー気にせず、早々にポテチ完食。
チューハイも二缶、あおるように飲んでやった。

 

いつになく胸がひろいし、おなかの中心がゆるゆるしている。

 

ただぼんやり、ゆらゆらに身をまかせていると、
なにやら、あたたかいものがあふれてきた。
あとから、あとから。とめどなく。

 

恋がしたかったんだよぉ。

 

自分の声がそういっている。
そう、恋がしたかったんだ、あたし。

 

あたしは、恋がしたかった。

 

その気持ちの勢いが、
いつまでもこみあげてきて、やまない。