雅日ノート

ちょっと不思議な「いつかのだれかのどこかのなにかのお話」サプリ

虹のような美技

f:id:miyaBI:20210608103726j:plain

つねに0.00005秒である。
なぜじゃ?

 

長老に聞かれた。

 

わかり申さぬ。
ぴったり0.00005秒で答えた。

 

きた球は打ち返す。
つかんでそのざらざらした感触を確かめたりはしない。
風向きを感じて、どこに放れば遠くまでいけのかを考えたりもしない。

 

バスケはどないじゃ、と長老がいう。

 

あたりを見回して半身を翻す、球を弾ませる、己をくねらせる。

 

とりわけ、あさっての方向に球を放り、
虹のような曲線を描いて網をくぐらすのが、
たいそう美技なのだという。

 
堺の商人が詳しいときいた。

 

 

渡りをつけられるやいなや。